Home / 3D / 測量 / GUIDER ZERO

GUIDER ZERO

デジタル平板システム

GUIDER ZERO撮影設定登録

GUIDER ZERO Ver.2.3(TOWISE Ver.6.3)に新しく追加された撮影設定登録機能。
タブレットFZ-G1のカメラ機能を利用して、GUIDER ZEROで観測した測点に写真を登録することが可能です。
近景・遠景写真や、注釈のための記録として写真を撮影しておくことで、編集する際の目印となります。

Trimbleフェア2020
GUIDER ZERO

  • GUIDER ZERO GNSSチルト補正観測

    Trimble R12GNSS及びR10GNSSに搭載のTrimble Surepointによる磁気センサを利用して、一定の傾きがあっても鉛直軸方向に補正を行い、その補正結果を考慮して座標を登録する機能です。
    建物の軒下や樹木の下で受信できなかった場所でも、傾けることで観測できるケースも増えるため、現況測量で威力を発揮します。

  • GUIDER ZERO SX10連携

    Trimble SX10のTS機能と連携し、究極のワンマン現況観測が実現しました。
    SX10の映し出す映像をGUIDER ZEROでコントロール可能です。3次元点群で取得したいエリアはGUIDER 3Dを使用して、ブレークラインや単点で押さえたい所はGUIDER ZEROに切り替えて観測が行えます。

  • GUIDER ZERO GNSS気泡管Rec観測

    Trimble R12GNSS及びR10GNSSに内蔵された電子気泡管を利用して、画面状に円形気泡管を表示します。
    範囲内に気泡管が入れば赤色から緑色に変わり、自動的にRecします。

Go TopGo Top