Home / インフラ・GIS / 測量 / Trimble Alloy

Trimble Alloy

電子基準点にも採用のアンテナ分離型マルチGNSS受信機

  • 必要なGNSSデータを確実に取得

    Trimble Alloy Reference GNSS受信機は、インフラ等で使用される据え付け型の長期間に及ぶ観測からRTK/VRS移動局観測まで幅広く使用可能なアンテナ分離型マルチGNSS受信機です。ホットスワップに対応したバッテリは2個挿入可能ですので、長時間の観測にも対応しています。
    最新のGNSS技術、新しいスタイリッシュなデザイン、使いやすく直感的な操作性により、強力なパフォーマンスを提供。柔軟な設定と高い信頼性により、特定の目的の作業でも永続的な設置でも、場所やタイミングを問わず必要なGNSSデータを確実に取得します。

  • 幅広い分野で使用可能

    Trimble Alloy Reference GNSS受信機は、インフラなどで使用されている据え付け型の長期に及ぶ観測から、RTK/VRS移動局での観測まで、幅広い分野で使用可能なアンテナ分離型マルチGNSS受信機です。

  • マルチパスリダクション機能

    Alloy受信機には「Trimble Maxwell7チップセット」をデュアルに搭載し、マルチパスリダクション機能が「EVEREST Plus」となりました。
    従来のEVERESTに比べ50%以上ものマルチパスを除去。さらに第三の周波数にも対応し、誤差要因の削減に大きく貢献します。

  • Spectrum Analyzer

    Trimble Alloyでは、GNSS信号周波数帯の付近での電波状況を継続的に監視し表示する「Spectrum Analyzer」をWebUIに標準搭載。問題が発生した時やより精密な観測が必要なときなどに非常に役立つツールです。

Go TopGo Top