Home / 建設 / 測量 / Trimble R12/R12i GNSS

Trimble R12/R12i GNSS

Trimble R12iGNSSシステムの紹介

Trimble R12iは、比類のないGNSSパフォーマンス、速度、精度を提供し、これまでにない生産性を向上させます。
GNSS観測にとって困難といわれる条件下でのパフォーマンスの向上と、ポールの整準作業を忘れることができる堅牢なIMUベースのチルト補正により、想像以上に早く作業を進めることができます。

Trimble R12i 非整準観測 比較実験

Trimble R12i IMUチルト補正観測による「非整準観測」と従来機による整準観測の比較実験を通して、IMUチルト観測の作業効率と精度を検証しました。
現況観測におけるGNSS測位のイメージが覆ります。

IMU搭載 最先端GNSS『Trimble R12i』の実力と活用法

2021年5月に開催された展示会「CSPI-EXPO 2021」で撮影・生放送した特別番組です。
スタジオと展示会場を中継しながら、「斜め観測」が可能なTrimble R12iで観測の様子をご紹介しています。

Trimble R12i:TIPスピードテスト

R12iを使ったIMU=ONとOFFの時の観測の早さの違いをみた、Trimbleの実験の様子です。R12iには、IMUでロッドの角度を計測するTIPチルト補正技術が搭載されているので、観測時に測量ポールを垂直にする手間がなく、素早く作業できます。

Trimble R12i:フィールドテスト

デビッドウィルソンは、米国の測量士です。新しいTrimble R12i GNSSシステムを使用方法の説明なしでテストし、すぐに測量作業を開始することができました。ProPoint GNSSエンジンにより、木々の下や建物の近くなどの難しい場所でも受信機を傾けたまま観測することができました。

Trimbleフェア2020
Trimble R12/R12i GNSS

  • 観測のイメージが変わる、生産性向上のためのアンテナ一体型マルチGNSS受信機

    Trimble測量用GNSSの中で上位に位置付けられているこの二つの受信機は、GNSSで測位することはもちろん、「生産性を向上させる」ための機能を数多く搭載したGNSS受信機です。

  • 生産性への新しい“アングル”

    Trimble R12i GNSS受信機は、IMU(慣性計測装置)を応用したTrimble独自の慣性プラットフォーム「Trimble Inertial Platform」により、IMUの技術を利用しながら測量に必要なポイントで止まって観測することを実現しました。

    <Trimble R12i GNSS>

  • Trimble Inertial Platform(TIP)

    R12i受信機に搭載されたIMUによる、Trimble独自の慣性プラットフォームです。R12i受信機に動きを与えるだけでIMUにより補正され、たとえポールが鉛直に設置されていなくても自動で観測ポールの先端の位置を計測します。この機能により、1点あたりの観測時間が短縮できますので、測量作業全体の時間が大幅に削減できます。

    <Trimble R12i GNSS>

  • GNSS測位の限界を押し広げる、マルチGNSS受信機

    Trimble R12 GNSS受信機は、その形状からRTK/VRSの移動局はもちろん、長時間にわたるスタティック観測までカバーしています。Trimble ProPointとTrimble SurePointにより、GNSS観測の可能性を押し広げることのできる受信機です。

    <Trimble R12 GNSS>

  • Trimble SurePoint

    Trimble R12に搭載されている「Trimble SurePoint」により、受信機に組み込まれたチルトセンサとコンパスを使って、棒状気泡管精度での精密な設置から、整準を必要としないチルト補正観測まで多岐にわたる使い方が可能になります。

    <Trimble R12 GNSS>

  • Trimble ProPoint

    Trimble R12受信機独自の最新型第五世代エンジン「Trimble ProPoint」により、従来機では観測ができなかった場所でも測位できる可能性を持っています。従来のTrimble R10に比べ、水平位置偏差・鉛直位置偏差とも格段に進化し、特に中山間地域での活躍が期待できます。

    <R12i/R12 共通テクノロジー>

  • Trimble SKY Controller

    Trimble SKY Controllerは「誰もが簡単に使える、シンプルかつストレスフリーなGNSSコントローラシステム」としてGNSS観測の生産性を高めます。 Ver.1.5.2.0からはR12iにも対応し、使い慣れた画面と操作フローで「IMU観測」「IMU測設」が可能になりました。

    <R12i/R12 共通テクノロジー>

  • Trimble SKY Controllerでは、どの観測においても地図タブをご用意。国土地理院の淡色地図にリアルタイムにアクセスすることで直感的に現在地と目的地を確認することが可能です。

    <R12i/R12 共通テクノロジー>

  • Trimble SKY ControllerではTOWISEとの連携を強化し、観測計画をデジタルで現地に持ち出し観測計画に則った観測を行う「スマートアシスト」をご提供。現地点検計算も実際の現場で完結させることができるので、全体の時間短縮につながります。

    <R12i/R12 共通テクノロジー>

Go TopGo Top